簿記3級~ネット試験に行ってきた!

Webライターの絵日記

今日、日商簿記3級のネット試験に行き、一発合格しました

簿記3級の資格を取ろうと初めて思ったのは、2017年。

2018年に愛猫が糖尿病とわかり、

2019年には仕事が忙しくなり、

2020年はコロナで行けず、

2021年の今日、ようやく資格ゲットしました。3年越しの恋が実ったカンジです。

ネット試験とは

簿記試験では2020年12月からネット試験ができるようになりました。

といっても自宅で受けられるわけではありません。

ネット試験の流れ

ネット試験を受ける手順は下記の通りです。

1.CBT-Solutionsというネット試験を管理するサイトに情報を登録

2.サイトで試験の予約をする

3.地域にある指定のテストセンターで試験を受ける

ネット試験で何がかわったのか

基本的に紙の試験は年3回実施されますが、

ネット試験はテストセンターが空いていれば、

いつでも好きなタイミングで何度でも受けられます。

大きな変更点は、2つ。

1.試験時間が120分→60分になる

2.問題数が5問→3問になる

1問目は15題の仕訳問題、2問目は設問2つで内容はバラバラ、

3問目は財務諸表か精算表です。

合格は70点以上、配点は1問目45点、2問目20点、3問目35点なので、

1問目と3問目が満点なら、2問目が0点でも合格できます。

2問目のうち設問の1つはサービス問題?で比較的簡単なので、

1問目→3問目→2問目の簡単なほう、と進めると

得点が上がりやすいと思われます。

試験は60分しかないので、

スピーディーに問題を解けるように練習しておくことをおすすめします。

受けてみた感想

職業がら?パソコンには慣れていますし、

紙やネット型の模擬試験でコンスタントに得点できていたので、

正直自信はあったのですが、、、

本試験はむずかったです;;;

もともと本番に弱いタチなので;;;

受かってよかったー!

試験を受けたワケ

やっぱりとにかく資格ほしかったです。

Webライターに資格あるのとないのとでは、

受けれる案件も、クライアント様からの信用度も

変わってくると思います。

還暦すぎててもある程度実績あっても

資格取らなきゃ肩身が狭い仕事ですね・・・

2022年から簿記3級の内容が変わる

すでに2021年4月から収益認識基準が適用されていますが、

簿記3級でも2022年から試験に盛り込まれるもようです。

試験の難易度が上がる可能性もあるため、

2021年のうちに資格を取っておくほうが有利かもしれません。

ネット試験はスタートしたばかりで、

パターン化された問題がランダムに出題されると考えられているため、

2021年度のネット試験が狙い目だとひまりは思いました。

帰りは徒歩で帰宅。

桜がきれいでしたー♪

使用した参考書のご紹介

さいごに、ひまりが使用した簿記3級の参考書をご紹介します。

スッキリシリーズ

ゴエモン君の個人商店を例に解説が進む参考書です。

はじめて購入した2017年度版。

わかりやすく要点がまとめられているため、

勉強だけでなく仕事でも、かなりお世話になりました。

スッキリシリーズの2019年度版。

株式会社会計が導入されるなど、

試験範囲が変わったために購入しましたが、ほとんど使えませんでした。

パブロフ流でみんな合格シリーズ

2021年度版で、ネット試験の模擬試験つき

とても参考になりました。

ネット試験対策をしたい人におすすめします。

仕訳の方法だけではなく、考え方が勉強できる点がポイントです。

機会があったら、次はITパスポートあたりを・・・狙いますw

コメント

タイトルとURLをコピーしました