「迷路館の殺人」「鏡の中は日曜日」の感想

Webライターの絵日記

ゴールデンウィーク中に読む本を、夫が買ってきました。

今回は、「迷路館の殺人」「鏡の中は日曜日」の感想を書きます。

迷路館の殺人   著者:綾辻行人

1988年に発表された「迷路館の殺人」の新装改訂版です。

著者は、綾辻行人。

「館もの」が大好きなひまりは彼の作品を結構読んでいますが、

ファンというわけではないです。

米澤穂信の「インシテミル」。

これ以上のクローズドサークルものには、まだ出会ったことがないです。

ネタバレあり・ご注意

「迷路館の殺人」は綾辻行人がデビュー後1年目の作品ということで、

まあ、、、若い?チャレンジ精神あふれる?荒唐無稽な?作品です。

「館もの」って隠し扉とか秘密の通路とかよくあるんで、

そこをどう扱うのかも、

読後感・満足感に影響すると思ってるんですけど

ちょっと笑っちゃうような、

古典的な?非現実的な?仕掛けでしたね。

最近、洗面所に敷いた補強用の板が傾いているせいで、めまいを起こすひまりには、

とうてい「ナイ」トリックです。

館の主が隠れていることや、

床の血をごまかす必要があった理由なんかは

すぐわかりました。

さらに、「実はこの人女でした、男でした」っていう仕掛けには食傷気味で、

登場人物の名前を疑ってかかるクセが付きましたw

当時は新しい試みだったんでしょうか?

ただし、楽しく読めました。読んでいる間はワクワクしました。

ゴールデンウィークのお供としてはグッドチョイスだったかと。

鏡の中は日曜日  著者:殊能将之

偶然ですが、

「鏡の中は日曜日」は、綾辻行人の「館もの」のオマージュ作品でした。

これ、読み手を選ぶ作品だと思います。

形容詞がてんこもりで、装飾過多の文章がまず駄目でした。

ネタバレあり・ご注意

フランスの詩が殺人の重要な要素になっているため、

必要だったんでしょうが、

ワケのわからない詩を読まされて、消化不良です。

2つの時代、2つの土地、2つの家族を描いて、

読み手の混乱を狙っているのでしょうが、

わかりにくいわりに面白くもないという・・・

登場人物にまったく魅力を感じなかったのも、

結構めずらしい体験

同時収録の作品を読む気力がありませんでした。

そもそも、水城が「かわいいから」という理由で、

彼の部屋に速攻押しかけて結婚にいたり、

その後も親身に介護しているのが、どうも気持ち悪い。

介護には別の理由があるんじゃろか、とも思いたくなる。

フカヨミし過ぎでしょうか。。。

ゴールデンウィークも終わりですね

本も読みましたが、仕事もしてました。

これが、結構めんどくさい仕事で・・・

まだ、もう1本あります。がんばろ。

陣浩基の「13・67」を読んだら、

また感想書きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました