編集者と校正者の違いに戸惑うWebライター

長文案件にケリがつきそうなひまりです。

ときに、ライターが関わる営業さんと編集さんと校正さんと校閲さんの違い、わかります?

まあ、なんとなく違うよねーと思っていたひまりですが・・・

校正、校閲、編集、営業の違いって?

Webライティングには、いろんな役割の人が関わります。組織によっても役割は違う。

営業さんは、案件を取ってくる人

校正さんは、誤字脱字やら文法を直す人

校閲は、石原さとみさんの校閲ガールでも注目されましたが、誤字脱字だけじゃなく記事と事実の違いをチェックする人

編集さんは、まぁ、クライアントさまとライターとガチで向き合うなんでも屋さん・・・

ってとこでしょうか。

校正さんからダメ出しが・・・

エディトルは、ライター・編集・クライアントで記事を仕上げるんで、

なんかあれば編集さんに相談できるんですな。

ところが、サグーワークスで記事をチェックする人は校正さんなんですな。

そこで、校正さんは、事実については言われても困るってことが起きるみたいです。

骨子に誤りがあっても、校正さんはチェックしないみたいです。

文句いわれても、困るがなってとこなんでしょう。

困りますな。

わしも困ります。

間違いだらけの骨子で1万字仕上げたのに・・・

名文ももらえなかったしねw。

本文評価してくれましたか・・・?

報われないよなー、、、、

まじでやる気なくs

コメント

タイトルとURLをコピーしました