実家の親とビデオ通話する難しさ

Webライターの絵日記

高齢の親が心配でも、なかなか訪ねて行けないと悩んでいる人もいるだろう。

少しでもコミュニケーションを取って、認知症対策をしたい

寂しさを緩和してあげたい(したい)

って人はビデオ通話を導入するのも一つの方法だ。

🐾

新型コロナ感染症対策で在宅ワークやビデオ会議が一気に普及した。

ニュースなどでは、

実家の親とビデオ通話をして、

母の日のお祝いやお誕生日パーティーをしている様子が紹介されたりしている。

進んでるネーと思う。

🐾

親に、ビデオ通話をごく当たり前に使ってもらえるようにするのは、

思った以上に難しい。

ひまりはかなり前からSkypeを親のパソコンに導入して、

起動と同時にSkypeが立ち上がるように設定していたが、

使われたことは一度もない。

着信があることに気が付かない、気がついてもどうすればよいかわからない、

ということもあるのかもしれない。

LINEも教えてみたことがある。だが、レスが返ってきたことはない。

新しいことを覚えるのは、高齢者にとって思った以上に大変らしい。

キーボードを打つことすらハードルが高い。

実家のWi-Fi環境は整えているが、スマートフォンに興味があっても、

詐欺られないか、へんなボタンを押してしまわないかという不安も大きいらしい。

🐾

コロナが来る前にもっとできることがあったのかもしれないが、

マニュアルを作ったりして、できることはしたつもりだ・・・が、

十分だったかどうかはわからない。

どこにいくのかなあ。地球は。

地震が起きたら大雨が降ったら温暖化が進んだら

コロナはどうなるのかなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました