愛猫の定期検診&オペで約7万円の臨時出費

猫のこと

■オペ

しばらく前から、愛猫の耳の中にイボのようなものがあり、

先生にも「イボ」だと思うけど、と言われていましたが

ときどき先端が出血していることがあって、その原因は不明でしたが

ステロイド治療をしていました

最近、大きくなってきたように感じていて

「すぐ取れる部分だから、気になるなら取ろう」ということになりました。

🐾

コロナの関係で診察室に付き添いが1人しか入れず、

メインクーンの翔さんを先生や看護師だけで抑えるのが難しいことから

なかなかできない血液検査なんかを

この機会にまとめてやってもらうことにしました。

■定期検査のメニュー

レントゲン・・・5000円

血液検査(2種)・・・7000円

エコー検査・・・3000円

膵炎マーカー検査・・・4000円

動物病院には糖尿病でチョコチョコ行っていますが

健康診断は1年ほどしていなかったのです

高齢猫の麻酔のリスク

年齢に関係なく麻酔にはリスクがありますが

今回は先生に、

「高齢だし、お泊りになるかも」と言われました。

サクッと取れるっていってたのに

麻酔を使うことになるとは・・・聞いてないよーって感じです

高齢になると、麻酔から覚めるまでの時間が長くなるようです

目覚めなかったら・・・と思うと怖すぎです💦

これまで2回の手術を成功させた先生なので信頼していますが、

麻酔を使うオペはこれが最後になるんだろうなあ・・・

オペ当日

年末だからなのか、コロナで動物病院でつぶれたとこが増えたのか、

めちゃ混んでまして。

車で2時間待機して、やっと順番

翔さんを預けて一旦帰宅

🐾

夕方、お迎えにいくと、またまためちゃ混み混み

さらに2時間待機して、翔さんと再開できました❤❤❤

手術は成功。

「年の割に、すぐ目が覚めた」って言われました、よかったー

健康診断の結果は・・・

糖尿病の原因になっている膵炎はあるものの、

ほかは健康体だそうで

良かったああああ

腎臓とかも良好な数値でした

インスリンは続けなくてはなりませんが、一安心です

代金は約7万円でした

全身麻酔・・・1万2500円

手術代・・・1万1000円

病理組織検査・・・1万600円

入院代・・・2200円

薬代や診察代含めて、約6万8000円

くく。

でも、やってよかった!

本ニャンもお元気そうです。

イボは病理検査に出されました。

耳は3針縫ったので抜糸に行かにゃなりません

さ・・・・また稼がなくちゃ

コメント

タイトルとURLをコピーしました