猫に薬を飲ませる方法|投薬用ちゅ~るのメリットとリスク

猫のこと

猫に薬を飲ませなくてはならない。

そんな事態になったとき、飼い主さんはいろいろな方法を試すでしょう。

「うまく飲んでくれない」と、

泣きたくなるような思いをしている人もいるかもしれません。

今回は、猫に投薬する方法や

投薬に便利なちゅ~るの種類やリスク

を紹介します。

猫に薬を飲ませる方法は3種類

猫に薬を飲ませる方法は、以下の3つじゃないでしょうか。

1.錠剤を直接投入する

2.水に溶いてシリンジ(注射器)などで与える

3.ご飯に混ぜて与える

1.錠剤を直接投入する

口を開けてのどの奥に投入する方法です。

子猫や素直な猫ちゃんならアリかと。

我が家の場合、巨大猫メインクーンの口を無理やりこじ開けて、

さらにのどの奥に薬を投入なんてワザは無理ゲーです。

2.水に溶いてシリンジ(注射器)などで与える

水に溶かしても変質しないタイプの薬ならアリかと。

ただし、ゆっくり注入しないと誤嚥性(ごえんせい)肺炎を起こすおそれがあります。

人間でも、高齢になると気管や肺に異物が入り込み、

誤嚥性肺炎を起こして死に至る、

っていうケースは少なくないですよね。

3.ご飯に混ぜて与える

一番現実的な方法かなと。

問題は、何に混ぜるのか、ってところです。

カリカリやウエットフードに混ぜて食べてくれればありがたいですよね。

猫が大好きなちゅ~るにも、投薬用の種類があります。

投薬用ちゅ~る

投薬用ちゅ~る2種を紹介します。

ちゅ~るポケット

錠剤を筒状のちゅ~るに忍ばせるスタイルです。

これで飲んでくれるなら。。。とひまりも購入しました。

気になるのが、サイズではないでしょうか。

糖コントロールとポケットちゅ~る

我が家の愛猫・翔さんは、糖尿歴4年目。

フードは基本、糖コントロールです。

糖コントロールと並べると一目瞭然ですが、

ちゅ~るポケットは、かなりでかいです。

ふんわりした筒に、ちゅ~るが入っていて、

なかに錠剤を入れるというもの。

ところが、

我が家の翔さんは、カリカリをひと粒ずつ噛んで食べる派。

一度、ちゅ~るポケットをそのまま食べさせてみましたが、

筒は広告ほど柔らかくはなく、

噛むのに苦労していたし、

丸呑みすると喉に詰まりそうだし、

こりゃ駄目だな、、、と思いました。

うっかり錠剤を噛むと、絶対吐き出すだろうし・・・

結論:大きいので喉に詰まるリスクがある、噛んで食べる子はだまされない

猫ちゃんによっては、試す価値はあるかもしれません。

場合によっては半分に切ってみる、という手も。

投薬用ちゅ~る

投薬用ちゅ~るの中身はこんな↓

粘度が高く、薬を包みやすい、ってのがウリらしいです。

ふつーに通販で買えます。

購入前、ひまりは、

低カロリーで余計な成分が入っていない水みたいなもの、

と思っていたんですけど、イメージとはかなり違いました。

しかも、医者に見せたら、

あげないほうが良い」っていわれまして。驚くわぁ。

ひまりも、基本はちゅ~る、あげたくない派です。

とはいえ、

どうしても薬を飲ませるためにあげなきゃないこともある。

悩ましいです。

我が家の翔さんは、下記のような薬を朝晩ちゅ~るに混ぜて飲んでいます。

・血糖値を下げる薬

・整腸剤

がんこな便秘症で、

・液体タイプの下剤

も追加。飲ませるのに苦労してます。

ちゅ~るの量は、1回1/3くらい、1日2/3くらいかな。

パッケージには1日4本とか書いてあるけど、

そんなにあげる飼い主さんは、まずいないかと。

今回、膀胱炎になったことで抗生物質も追加されました。

ところが、これがマズいのか、まったく飲まない。

今まで飲んでいた薬にまで警戒するしまつ💦

ちゅ~るで脱毛が起こるリスク

ちゅ~るを毎日あげていると、

アレルギーや皮膚疾患が起こる可能性があるらしい。

我が家の翔さんにも、脱毛が出たことがあります。

愛猫の毛が抜けるのは、結構悲しい。

けれども、いずれは

愛猫の命か、脱毛防止か

その二択を迫られるときが来るかもしれない。

そのときは、

脱毛はやむを得ない

と思わなくちゃならないんだろうな、とも感じている。

とりあえず、翔さんが好きだった「かつおぶし味」のちゅ~るはやめました。

ちゅ~るかつおぶし味
ちゅ~るかつおぶし味

その後、脱毛は改善しています。

これまで投薬で試した商品

猫缶

かかりつけの動物病院で売られている猫缶です。

シニア用猫缶
シニア用猫カン

便秘で水分補給したいときなどに重宝していますが、

薬を混ぜると食べてくれないことも多い。

メディーボール

錠剤を包んで食べさせるタイプです。

メディーボール
メディーボール

触るとやわらかくて、結構ベタベタしています。薬は包みやすいかも。

フレーバードゥ

こちらも、薬を包んだり混ぜて飲ませる投薬補助剤です。

PEPPYで買いました。

パサパサしているので、少量の水でのばす必要があります。

ただし、我が家の翔さんは噛む派なので、

錠剤を包むタイプの投薬補助剤は向かないようです。

猫用ミルク

猫用ミルクなら、飲んでくれるかも!と思って購入。

なんと・・・砂をかけるポーズをされました。

子猫ちゃんなら、飲んでくれるかも;

パウチ

パウチって、独特の甘いニオイしませんか?

翔さんはアレが駄目みたいで・・・

オブラートは・・・

人によっては、

薬をオブラートに包んで上手く飲ませている人もいるよう。

ただし、

後で必ず水を飲ませる必要があります。

オブラートが食道にはりついてしまうと、

そこで炎症が起きる可能性があるからです。

翔さんはスポイトやシリンジで水を飲むのを嫌がるので、

オブラートは使っていません。

何よりも大切なのはストレス回避

猫に無理やり薬を飲ませようとすると、

ストレスになることがあります。

猫にとってストレスは大敵。

薬と猫のストレスをはかりにかけて

次善の策を選ばなきゃないこともあると、

ひまりは思う。

今回は抗生物質を飲ませられませんでしたが、

流れる水飲み器のおかげか、

膀胱炎は治りました。

🐾

ストレスは猫にとって致命的なのに、

どう見ても不必要なオシャレ?な服を猫ちゃんに着せて

キラキラな写真とったりする人がいますよね

猫はアクセサリじゃないよ・・・と思ってまう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました