猫が水を飲まないときの5つの戦略

猫のこと

「愛猫になんとか水を飲んでほしい」

と、思っている飼い主さんは多いことでしょう。

今回は、猫飼い歴20年のひまりが、

猫にもっと水を飲ませたい飼い主様に向けて、

おすすめの戦略を5つ紹介します。

猫の水は、軟水

基本ですが、猫様にはミネラルウォーターは向きません。

特にミネラルが豊富な硬水をあげてはいけません。

猫は、おしっこが濃くなって結石になりやすいといわれています。

猫様が水を飲むたびに

ミネラルウォーターに含まれるミネラル分を取るのは危険です。

日本の水道水は軟水です。

猫様のためを思うなら、水道水をあげましょう。

戦略1.水飲み器をトイレから離す

猫様は、きれいな水をご所望です。

水道から直接流れ出る水を好む子も少なくありません。

水飲みの場所がトイレに近ければ、

においもしますし、猫砂が入ってしまう確率も上がります。

水飲みとトイレの場所は離しましょう。

戦略2.水飲み器を食事をする場所から離す

食事用の器のとなりに水飲み器を設置している人は多いかもしれません。

それで水を飲んでくれればいいでしょうが、

飲んでくれないなら、場所を離しましょう。

猫様は水と食事をセットでは考えていません。

食事は食事、水はきれいな水を飲む、と分けています。

食事が水に入るような場所では、水が汚れてしまうと知っているのではないでしょうか。

戦略3.水飲み器を複数置く

水飲み器は複数設置しましょう。

猫様によっての好みの水飲み器は異なるようです。

我が家では、このウォーターボウルを、リビングと出窓に設置しています。

ウォーターボール
ウォーターボール

毎日、飲んだ水の量を記録しているので、これ、おすすめです。

猫壱 ハッピーダイニング 脚付ウォーターボウル 猫柄 シリコン付き(1個)【猫壱】
価格:1575円(税込、送料別) (2021/3/20時点)楽天で購入

戦略4.流れる水飲み器を導入

猫様によっては噴水型など流れるタイプの水飲み器を好む場合もあります。

電動式ウォーターボウル

我が家でかなり前に使っていたものです。

猫様には気に入っていただけましたが、

フィルター代が消耗費になってランニングコストがかかります。

フィルターをケチって外すと音がややうるさいw

そもそも、飲んだ水の量を測定しにくい点がネックです。

しばらく使っていませんでしたが、

便秘対策として、また出してきました。

これ出したら、これまで以上に、よく水を飲むようになりました。

流水おそるべし・・・w

戦略5.こまめに水をかえる

水飲み器の上に猫様の毛が浮いている・・・なんてことは

猫飼いあるあるです。

とにかく、こまめに水は替えましょう。

替えられないって人は、給水器もあります。

以下の商品は、ケージに取り付けるタイプです。

ペット用 水飲み 給水器 自動 ボトル 【500ml】【全3色】高さ調整機能 分解洗い可能 密閉性高タイプ 犬 猫 その他小動物対応
価格:1580円(税込、送料無料) (2021/3/20時点)楽天で購入

受け皿がついているタイプだと、毎日洗って清潔にしなければならないので、

ボトルタイプがいいのかな。。とも思います。使ったことはありませんが。

我が家の愛猫が結石になった件について

我が家の翔さんの尿に結石が出ました。

長く尿検査を続けてきましたが、

結石が出たのは初めてです。

結石ができるワケ

猫様があまり水を飲まない場合などで尿が濃くなったり

食べ物のせいでミネラルバランスが崩れると

なりやすいようです。

症状

結石があると、

おしっこにキラキラしたものが見える

という症状があるようですが、

気が付きませんでした。

今思えば、大声でなくなどの行動がありました。

トイレの前後で痛みを感じていたのかもしれません。

いつもとちがうなーとは思っていました。

糖尿病もあるので因果関係ははっきりしませんが、

多尿傾向でした。

1度はトイレ以外の場所におしっこをしてしまったこともありました。

原因と考えられるもの

我が翔さんは、わりと水を飲む子です。

水を飲む、飲まないには、結構個体差があると思います。

先代猫のはーちゃんは、水を飲ませるのに苦労しました。

翔さんは糖尿病なので、糖コントロールというフードを食べています。

糖コントロールは結石対応も一応しているようです(獣医さん談)。

それなのに、結石になってしまった理由として、

ちゅーるかつお節味に混ぜて、薬を飲ませていた、

という点があると思います。

後悔してもしきれませんが、

便秘対策として薬を飲ませる必要があり、

翔さんが好むかつお節味をチョイスしていましたが、

判断ミスでした。

ちゅーるは投薬用に切り替えることにしました。

フードは即日結石用フードの切り替えに成功しました。

経過報告

猫様がフードを好んで食べてくれるせいか、

かつお節ちゅーるをやめたせいなのか

大声で叫ぶ、ということはなくなりました。

治療は昨日はじめたばかりなので、偶然なのかもしれません。

早く結石がなくなればいいなと・・・思っています。

飼い主がんばります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました