猫の健康チェックを始めよう!糖尿病を早期発見するために

スマホと猫猫のこと

糖尿病は猫がかかりやすい病気の1つ。

からだの細胞が食べたものに含まれる糖分をうまく吸収できなくなって、血液中の糖が増えてしまうというもの。

🐾

おしっこに糖が出るようになったら糖尿病の可能性があるよ。

糖尿病を早期発見できるのはいつもそばにいる飼い主さん。獣医さんではない。

早期発見さえできたら、長く付き合っていける病気だよ。

猫の糖尿病は早期発見が大事!

翔さんの場合

かくれんぼするメインクーン
かくれんぼするメインクーン

猫は10歳を超えると糖尿病のリスクが高まるといわれてるらしい。

翔さんも10歳になるまではいたって健康だった。

健康診断で獣医さんに「内臓の状態が良くて、5歳なみだ」ともいわれていた。

ひまりは、先代猫はーちゃんを糖尿病で亡くしている。

注意はしていたつもりだったけれど、翔さんまでもが糖尿病になったことに大きなショックを受けたよ。

幸いにも早期発見できたことが救いだった。

先代猫はーちゃんの場合

タンスの上のMIX猫

先代猫のはーちゃんは糖尿病の急性合併症「ケトアシドーシス」で亡くなりました。

この頃、ひまりには猫の知識があまりにも不足していた。

おしっこや飲む水の量が多いな、と思ってネット検索までしたのに糖尿病だと気づけなかった。

猫の糖尿病を早期発見するには

まずはカレンダーなどにメモを

「これまで健康チェックをしたことがない」という飼い主さんなら、

カレンダーや手帳、スマホのスケジュール表などに、

おしっこやうんちの回数をメモすることから始めるといいよ。

カレンダーに「正」の字を書くとか、手軽にできる方法を選ぶのがポイント。

少しでも「めんどうだな」と思う方法だと長続きしないから。

管理人が使っている健康チェック表

管理人は翔さんが糖尿病になった日から、自作のチェック表で体調管理をしています。

翔さんのかかりつけ医は、 動物にはとてもとても優しいが、 人間には厳しい。

「何時間ごとにご飯あげているの」

「どのくらいのおしっこをどのくらいの頻度でしているの」などとこまかく質問されるので、

チェック表を作ることにした。

猫健康チェック表

表が8時スタートなのは、朝起きてすぐインスリンを打っていたから。

インスリンが1日2回に増えたときは、8時と20時に注射していた。

いつご飯を食べたか、何回おしっこやうんちをしたかが一目で把握できるので便利。

糖尿病では症状が進むと体重が減ってくるので、定期的に測定しよう。

飲む水の量も増えるため、水の管理がしやすい水飲み器を使うと便利。

我が家で使っているのはコレ↓。

ウォーターボール
ウォーターボール

自分に合った管理方法を見つけましょう

ここで紹介したチェック表は、フルタイムで勤務している人向きではない。

そもそも、複数の猫ちゃんを飼っていると管理がむずかしくなりやすい。

ひまりにも2匹の猫を同時にお世話していた時期があるけど、

正直、どっちがどのくらい食べたのかとか、トイレでどっちがおしっこしたのかとか

わかりにくい💦。

猫の体調管理を長く続けるためには、

飼い主さんの負担にならないやり方を選ぶのが一番だとひまりは思う。

スマホやカレンダーなど、猫ちゃんや飼い主さんに合った方法で管理しましょう。

長く記録を取っていると、おしっこの回数や飲む水の量が増えてきたことに気づきやすくなるよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました