Webライターを悩ます!~することができる問題

コラム

~することができる問題とは

サジェッションよっては、

~することができます

という表現がNGになることがある。

たとえば、

売上アップを期待することができます。

なら、

売上アップを期待できます。と書く必要があるわけ。

とはいえ、NHKのニュースでも、

~することができます、は普通に使われているし、

~すること、っていいたくなるケースは多い。

Twitterでは、

~することが・・・も場合によっては使う、っていう意見の人もいるようだ。

自然なら使う、ということらしい。

一方、ひまりは、「~することが」を使えないと不便だナ、と思うことはあっても、

より自然な表現だとは思っていない。

することが、を避ける理由

Webライティングは、とにかく簡潔が重要。

まどろっこしくて、なかなか結論がつかめない記事には価値がないとさえいえる。

日本語は語尾で意味が変わるので、「することが」を挟むと結論が遠くなる。

売上げアップを期待することが

できます。

と、

売上げアップを期待することが

できません。

では、意味が真逆になるし。

内容が濃い記事にするためには、簡潔がとっても重要で、

なくてもいい言葉はカットするのが、Webライティングの基礎だと思う。

だが、言い換えが難しいときも多い。

~するのが、も扱いがむずい

~するのは、~するのが、っていう表現もむずい。

汗をかくのは健康にいい。とか。内容はしらんけど。

「のが」「のは」がなんとなく、口語っぽいんで、

サジェッションにもよるが使うのをためらう。

とはいえ、「~することが」って書くとNGになるんで、

なにか文脈にあわせた名詞を挟むことになる。

ターゲットによっても適切な表現が変わってくるんで、

柔らかめの記事なら、「~するのが」でもいいのかもしれない。

なんてことを日々考えながら、

Webライターは記事を書いてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました