わかりやすさと正しさは両立するか

コラム

Web記事で、わかりやすさと正確性、両立させるの難しくないですか?

正しい定義を書こうとすると、どうしても「わかりにくっ」てことが起きてしまいがちで。

そこをわかりやすく伝えるのが、Webライターの腕の見せ所なのかもしれませんが。

わかりやすさと正確性、どっちが大事なのか?

いわゆる「~とは」記事を書くことが多いひまりですが、

わかりやすさと正確性の両立に悩むできごとがありまして。

「正しく書く」ことが求められる場面では、

丸めて簡単な言葉に置き換えればイイって場合ばかりじゃないです。

とはいえ、Web記事はターゲットに届いてナンボなので、

ターゲットが早々に離脱したら何にもなりません。

誰が読むのかにもよるわけですが。

わかりやすければいい、というものでもない

最近、Twitterでほかのライターさんの採用された記事というものを読んでみたんですが、

これがメンタルヘルスの分野なんです。

メンタルヘルスって、裏取りがすごーーーくムズいとひまりは思っています。

専攻が心理学ってこともあって中途半端に知識があり、

過去に担当したときには関連論文を読みまくり、

ポイントになる部分に参考文献を貼り付けるのに苦労しました。

ところが、その記事は結構なんというか・・・安易なんですよね。

A型は几帳面・・・というレベル

根拠もない提案がずらずらと読みやすく書かれているのです。

こういうのが読まれる記事なのかなーって、ちょいショック受けました。

まあ、よみやすさのレベルは、BtoBなのかBtoCなのかでも違ってくるわけですけども。

ひまりは、 BtoC がやや苦手ですんで。。。

ちょっと記事書くのに自信がなくなり、案件から遠ざかっていました。

これが例のスランプというやつかもしれませんが。

スランプは、一歩前進するための必須要件だと思ってるんで

せいぜい、あがきます。

リハビリ始めました

しばらく、案件から遠ざかっていたので、

サグーワークスのレギュラー案件でリハビリ始めました。

あわよくば、ガツンと歯ごたえがあるダメ出し、もらえたらいいなーと思ってます。

マゾではありませんよ。

レギュラー案件を久しぶりにやってみて思ったのは、

前より書くの早くなったなーってことです。

構成も自分でできる案件だったんで、楽しめました。

最近、「これどうなの」っていう構成もらうことが多かったんでw

でも、本業で?構成はやりませんよ。

Yahooがもうちっと頑張ってくれたら。。。考えます。

猫さまはお元気です

最近、我が家の猫さまの糖尿病が劇的に良くなっておりまして。

絶対にスマホと目を合わせない子猫みたいな15歳

主治医には「イイね」をもらっております。

ただ、あまりにもイイため、今度検査することになりまして。。

歳も歳なので、ほかの病気も気になりますしね。腎臓とか。

良くて検査とか、うちの主治医ステキすぎます。

おまけ

老婆心ながら一言。

Twitter上で、WordPressでブログ始めるWebライター、最近良くみかけますが、

デザインばっかじゃなく、セキュリティには十分注意してくださいね・・・

WordPressにはそもそも脆弱性があるといわれていますし、

情報管理とかテーマ選び、大切ですよ・・・

特に、メンテナンスされてないテーマはリスキーです

余計なことですが、くれぐれも油断なさらないように、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました