【簿記3級ネット試験】電卓の選び方|SHARPとCASIOの違いは

コラム

簿記3級試験に欠かせないのが、電卓です。

ネット試験の会場に持ち込めるのは、電卓と身分証明書だけ。

電卓の選び方は試験結果に影響しますが、

人によって向き不向きがあると思います。

今回は、ひまりが簿記3級ネット試験に向いていると思う2種類の電卓の違いを紹介します。

取り上げる電卓2種

この記事で取り上げる電卓は以下の2種類です。

どちらも実際に使った経験があります。

CASIO JS-20WK

今回のネット試験で使った電卓です。

【特徴】

・弱い力でも反応するため、力がいらない

・音が静かでカチャカチャしない

・アンサーチェック機能つき(1回目と2回目の計算があっているとOKと表示)

・計算に使った数字の数が表示されない

SHARP EL-G37


今まで使っていた電卓です。

写真残ってなかったんで、アフィリエイト画像で失礼します。

実は、6が押せなくなったので買い替えました。

なぜ6のみが・・・なぞ💦

【特徴】

・音は出ないが、ややカチャカチャする

・計算に使った数字の数が表示される

・日数計算ができる

簿記試験に持ち込める電卓

簿記試験に持ち込める電卓は、計算機能(四則演算)のみができる種類です。

ただし、下記機能は認められています。

日数計算、時間計算、換算、税計算、検算

逆に、下記機能つきの電卓は持ち込めません。

印刷機能、メロディー機能、プログラム機能、辞書機能

選び方のポイント

CASIO JS-20WKとSHARP EL-G37はどちらも、

簿記3級試験の条件を満たし、使いやすく人気もあります。

どちらが向いているかを判断するポイントは下記の4つです。

1)打音が気になるかならないか

2)日数計算が必要か

3)検算の方法

4)ディスプレイの角度

それぞれ説明します。

打音が気になるかならないか

ネット試験会場は静かなんで、

電卓の音が響いて申し訳ないなって思う人は

CASIO JS-20WKをおすすめします。

SHARP EL-G37も静音機能はありますが、

ややカチャカチャします。

日数計算が必要か

CASIO JS-20WKには日数計算機能がありません。

日数計算は主に、

減価償却費や、未払や前受などの評価勘定の問題で使います。たとえば、

x3年8月1日に購入した建物をx5年12月31日に売却した

当期はx5年4月1日~x6年3月31日

決算仕訳では、期首までの月数と当期分の月数を計算しなきゃなりませんが、

これがスピーディーに計算できないと困るわけですね。

そしてひまりは日数計算が苦手なんですね。

SHARP EL-G37を持っていたときも、指で!計算してたけど、

日数計算機能を使いこなせていたら楽だったのかなあと思います。

検算の方法

検算が一番重要な場面は、

ネット試験の場合は、第3問の精算表や財務諸表ですね。

当期純利益とか繰越利益剰余金なんかを計算で出すとき、

結構な量の数字を合計します。

検算の方法は人によって違うと思います。

CASIO JS-20WKでも検算はできますが、

ひまりは、何個足したのかが割と気になります。

1回目合計したとき、何個数字を足したのかわかれば、

その時点である程度、間違っている可能性を把握できますが、

CASIO JS-20WKは2回全部合計しないと

合ってるかどうかわからんのです。

電卓スキルがある人なら良いんでしょうが、

試験時間が限られるネット試験では、

足した数字の数がわかるSHARP EL-G37のほうが使いやすいと思います。

ディスプレイの角度

電卓本体とディスプレイの角度は、

SHARP EL-G37のほうが深く、座ったまま見やすいです。

CASIO JS-20WKでもそれほど気になるわけではありませんが、

電卓本体とディスプレイの角度が浅いので、

のぞき込むカンジになります。

1秒を無駄にしたくない人は、

SHARP EL-G37がおすすめです。

まとめ

ひまりは、SHARP EL-G37を長年使っていたので、

SHARP EL-G37のほうが向いていると思いました。

ただし、向き不向き、いる機能といらない機能は人によって違うと思います。

簿記用の電卓って結構高いので、

失敗したーって思っても気軽には買い換えられないですよね。

それと、CASIOとSHARPでは、キーの配置がかなり違います。

どっちかに慣れている人は、

急に変えると慣れるまで大変かもしれません。

何かの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました