Webライターの文字単価はどのくらい

コラム

Webライターが案件を受けるかどうかを決めるポイントの1つは、単価だろう。

これからWebライターを目指すという人にとっても、

気になるところではないだろうか。

単価はピンきり

ひまりの経験上、

ある程度ライター歴があるWebライターの単価は

1文字1~5円程度ではなかろうか、と思う。

ツイッター界隈では1文字10円とかも、ときどき見る。

初心者ライターの場合や個人ブログ向けの案件なら、1円を切るケースもあるだろう。

ひまりも駆け出しの頃は1文字0.2円とかで書いたことも。

1000文字で200円。やってられないですね。

結局自分のためにもならないかも、と最近は思う。

スピードと稼働時間

書くスピードによって時給は変わるし、

自分がライティングできる時間で月収は変わる。

例えば、1文字3円で1万字の案件、3本やると9万円。

6本やると18万円。

ひまりの場合は1日に書ける文字は3000~5000字程度だが、

リサーチや校正に時間がかかるし、1万字なら5日は欲しい。

1カ月に3円1万字案件を6つなら18万円が見込める計算だけど、

そんなに体力もナイし、メンタルが崩壊する。

そうそう高単価案件が受けられるワケでもない。

高単価案件をバリバリ連続で書ける優秀なライターさんなら、

もっと月収は上がるだろう。

案件を受ける理由は単価だけではない

ひまりが案件を受ける場合、単価だけじゃなく、

「誰が編集さんか」とか「校正はだれがやるのか」とかも気になる。

信用できる編集さんが募集している案件とか、

お世話になってる編集さんが困ってるようだ、

と言う場合はなんとか受けられないか考える。

それで失敗することもあるんだけどね。

テストライティング詐欺には注意

1文字2円案件だけど、

テストライティングは1文字0.1円とか、500円とか。

そういう怪しい案件では、

記事だけ取られて、お金が支払われないなんてこともあるから注意したい。

クラウドソーシングサイトでライティングするなら、

クライアントの口コミや評価は、絶対にチェックしよう。

まとめ

インターネットや通信販売が当たり前の時代になり、

コンテンツ制作の需要が増えて、

ライターや編集は人手不足のようだ。

最近、

論理破綻している骨子、事実誤認が目立つ骨子が増えたなー、

と、ときどき感じる。

一方、素晴らしい骨子に出会うと気持ちも引き締まる。

今、やっているクライアントさまの案件、

骨子やらサジェッションがハイレベル。

勉強になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました