Webライターが使う<h2>って何?どう使えばいいの?

コラム

Webライターが記事を書くとき、

見出しに、<h3>やh2:といった記号を使ってください

と指示されることがあります。

WordやGoogleドキュメントで記事を納品する場合は、

自分で見出し設定をしなければならないケースも少なくありません。

そこで、今回はh2や<h3>の意味や使い方、設定の方法を解説します。

Webライターが知っておきたい部分だけを紹介するので、

コーディングを知らない人も、ぜひ参考にしてください。

そもそも、<h3>やh2:とは何?

h2やh3とは、ブログなどのWebページを作るときに、

見出し指定に使うタグです。

Webページは、HTMLというマーキング言語で記述します。

タグにはさまざまな種類がありますが、

Webライターは見出しタグだけ覚えておけば困りません

具体的には、

<h2>猫はどうしてかわいいの?</h2>

といった形になります。

「<」や「>」、「/」は、すべて半角です。

ここでは、WordPressにタグとみなされるのを防ぐため、

全角で表記しています。

<h2>は、ここから大見出しを書くよ、という意味になり、

</h2>は、大見出しはここで終わり、という意味になります。

タグは小さい順に使う

hの後に来る数字は、1つずつ大きくなります。

たとえば、中見出しh3、小見出しはh4・・・といった具合です。

一般的に<h1>は記事タイトルに使うため、

Webライターは<h2>以降の数字を指定します。

h2と書くケース

案件によっては、見出しの前だけにh2や#などの記号を書く場合もあります。

これは、「構成を明確にする」とか、

「自動的にタグ変換する」とかの目的で使われる記号と考えられます。

サジェッションに従って記述すれば問題ありません。

タグの目的はSEO

見出しタグを使う目的は、

Googleの巡回ロボットに記事の構造をわかりやすく教えるためです。

Googleは構造がしっかりしている記事を高く評価しているため、

Google検索で上位表示するためには、

見出しタグが重要です。

つまりSEO(検索エンジン最適化)が目的なんですね。

タイトルや見出しに重要なキーワードを入れると、

Googleがどんな記事かを判断しやすくなるため、効果的です。

ちなみに、個人ブログにもタグを使うほうが評価が上がりやすいと

ひまりは思います。

Wordで見出しを設定する

ここでは、Word(Microsoft365のWord使用)で見出し設定をする方法を紹介します。

たとえば、下記のような文を作るとします。

「ホーム」タブを開くと下記のようなレイアウト項目があります。

文章をドラッグして、該当する見出しタブを選べば、

その部分を見出しにできます。

設定を変える方法

見出しのフォントや大きさは、右クリックで設定を変えられます。

見出し2を右クリックした画像です。変更を選びましょう。

ここで、フォントや文字サイズ、強調(B)などを指定できます。

英数字と日本語のフォントは別々に設定できます。

Googleドキュメントで見出しを設定する

Googleドキュメントの見出し設定も基本はWordと同じです。

フォントの左隣に見出し設定タブがあります。

文字をドラッグしてタブを選べば、該当の見出しになります。

設定を変える方法

Googleドキュメントの見出しを好みのフォントやサイズにしたい場合は、

はじめに好きなサイズやフォントで文字を書いてから、それを設定します。

文字をドラッグして、「カーソル位置のスタイルに更新」を選ぶと

それが見出しスタイルになります。

気に入らなければリセットも可能です。

まとめ

ひまりは、かつて自分でタグ打ってサイトを作っていたため、

ある程度HTMLはわかります。

とはいえ、WordPressがあれば

HTMLなんて知らなくてもブログは作れますし、

便利な時代になりましたねー。

Webライターはじめた当初は、

なんで見出しだけにタグ書くのか謎でしたが、

見出しタグを使う案件は結構多いです。

なにかの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました